亜鉛欠乏症の症状とは?

体内に亜鉛が不足すると、身体にとってなくてはならない働きをしている酵素の働きを低下させる原因となってしまいます。亜鉛欠乏症になると、身体にどのような症状が生じるのでしょうか。

・味覚障害
亜鉛欠乏症の症状のひとつに、味覚障害があります。味覚障害とは、どのような食材を食べたとしても、食材の味を感じにくくなってしまうことを指します。食事は、身体に必要な栄養を取り入れるために必要なものですが。それだけではなく、ひとつひとつの食材の味を味わい、食事を楽しむことも、人間が生活を営む上で大切なことです。食事を味わうことで、楽しみながら必要な栄養をまんべなく取り入れることができるというわけですが。どのような食材を口にしたとしても、味を感じなければ、食事そのものが苦痛となってしまいます。亜鉛は細胞の新陳代謝に関係している大切な成分ですが、この働きが低下することが味覚障害の原因となっているようです。

・皮膚炎
身体の代謝を円滑に行うには、酵素の働きが必要不可欠ですが。酵素が十分に働くためには必要な量の亜鉛を身体に補う必要があります。亜鉛が不足すると、亜鉛欠乏症の症状のひとつである、皮膚炎などを誘発する場合があります。健康な皮膚は、一定の周期に沿って、不必要な角質が剥がれていくことによって、新しい肌が再生するようになっています。ところが、この肌の新陳代謝がうまく行われない場合、皮膚の働きが低下して、皮膚炎などを誘発してしまう場合があります。肌の再生がうまく行われていると、皮膚が、健康な状態を保ち続けることができます。

・脱毛
体内に亜鉛が不足すると、抜け毛が増えることがあります。髪はケラチンという成分でできていますが。亜鉛はたんぱく質の生成や、細胞の再生を促す働きをもっているため、亜鉛欠乏症になると、髪の生成や成長などを促すことができなくなってしまいます。脱毛を気にされている方の多くは、育毛剤などを使用されることが多いようですが。髪の生成を促すためには、必要な成分を身体の内側から補うことも大切です。

亜鉛欠乏性貧血と亜鉛不足

貧血は、誰にでも起こりうる身近な症状のひとつです。貧血と言えば鉄分が不足していると捉えがちですが、亜鉛が不足していても、貧血になることがあります。亜鉛欠乏性貧血と亜鉛不足は、どのような繋がりがあるのでしょうか。

・亜鉛欠乏性貧血と亜鉛の関係
血液中の酸素を運ぶ役割を担っているのは、赤血球です。血液中の赤血球の数が少なくなると、赤血球が身体の隅々にまで酸素を運び込むことができなくなるため、身体が酸欠状態になってしまいます。酸素は身体が活動をするためになくてはならないものですが。身体に十分な量の酸素が行き渡らない場合、立ちくらみなどの症状があらわれます。赤血球は鉄分でできており、鉄分が不足すると体内の赤血球が不足するため、貧血の時には鉄分を取るように促されます。しかし、赤血球が鉄分から作られるためには、亜鉛の働きが重要なものとなってきます。赤血球が作られる時、赤血球膜が作られますが。この赤血球膜はタンパク質でできており、タンパク質が赤血球膜として合成されるためには、亜鉛が必要となります。体内に十分な亜鉛がない場合、たとえ赤血球膜が作られたとしても、弱くて脆い赤血球膜となってしまうため、体内の隅々にある毛細血管を通る際に赤血球が壊れやすくなってしまうのです。結果的に身体全体にうまく酸素が行き渡らずに、貧血となってしまいます。このように、亜鉛不足によって脆くて壊れやすい赤血球が体内に増えてしまうことによって、貧血となってしまうことを、亜鉛欠乏性貧血と言います。

・亜鉛欠乏性貧血を改善するには?
貧血気味である時に、栄養のバランスの良い食事を取ることや、鉄分などを取ることに気をつけているのにも関わらず、貧血が改善されない場合には、体内に亜鉛が不足しているのかもしれません。貧血という症状には、このほかにも、様々な原因というものがあるため、あまりにも貧血の状態が続くようであれば、医師の診断が必要となります。その上で、亜鉛が不足していることが分かった場合には、鉄分や亜鉛を含む食品を、毎日の中で取るように心掛けると良いでしょう。

亜鉛欠乏症の原因と解消方法

亜鉛欠乏症という病気をご存知ですか。亜鉛とは、身体が必要とする栄養素のひとつですが。毎日の食事を通して身体に取り入れることができるものです。亜鉛が不足してしまうと、亜鉛欠乏症となってしまい、様々な症状が生じることがあります。亜鉛欠乏症の原因には、どのようなものがあるのでしょうか。

・亜鉛欠乏症とはどのような病気?
亜鉛の働きのひとつに、酵素の働きを活発にするというものがあります。酵素といえば、現代は、健康や美容の分野など、様々な方面から注目されている成分のひとつです。酵素は身体の中にもともとあるものですが、不足すると、身体の消化機能や代謝機能などが低下することもあります。酵素は身体になくてはならないものですが、酵素が活発に働くためには、身体に必要な量の亜鉛を補う必要があります。つまり、酵素だけを身体に取り入れたとしても、その働きを十二分に発揮できないというわけです。つまり、亜鉛欠乏症とは、身体の機能をサポートするためになくてはならないミネラル成分が欠乏している状態のことを指します。

・亜鉛欠乏症の原因
亜鉛は、様々な食品に含まれているものであるため、栄養のバランスの良い、通常の食事を心掛けていれば、ほとんど亜鉛不足になることはありませんが。ジャンクフードや加工食品ばかりを食べていたり、肉・卵・魚介類などを食べない方などに、多く見られる症状のひとつです。さらに、女性の中には、無理なダイエットを続けるうちに、必要な栄養やミネラルが不足する方も中にはいらっしゃいます。美容や健康のために、菜食などを目指す方もいらっしゃいますが。菜食を徹底するためには、プロのトレーナーなどについて、栄養学などの基礎をしっかりと学ぶ必要があります。カロリーの面だけで安易に菜食のみを続けると、身体に必要な栄養が不足してしまうこともあります。そのほか、点滴だけの栄養補給を続けている場合なども、亜鉛欠乏症になる場合があるようです。亜鉛は、食品からだけではなく、サプリメントからも取り入れることができるため、毎日の中で、無理なく亜鉛を取り入れるようにすると良いでしょう。

亜鉛欠乏症に効くサプリ一覧⇒亜鉛サプリメントランキング

Copyright(c) 2015 亜鉛欠乏症の症状と原因|亜鉛サプリで亜鉛不足の解消 All Rights Reserved.